キャットフードをどのくらい食べなかったらお医者さんにかかるべき?

前へ
次へ

ご飯をモリモリと食べている姿を見ると、安心するものです。
反対に食欲が無い場合や、まったく食べなくなった場合は心配になります。
もし、猫ちゃんがご飯を食べなくなった場合、どれくらい様子を見てから病院に連れて行ったら良いのでしょうか。

猫も人間と同じで、体調が悪くなるとご飯を食べなくなってしまうこともあります。
腸閉塞、膵炎、肺炎、クラミジア・フェリス、猫鼻気管炎ウイルスなどに感染している可能性もあるでしょう。
また、口の中に炎症が起きたことにより、食べることが難しくなっている場合も考えられます。
何となくいつもと違って行動が少なく、寝ていることが多い場合などは、体調不良を疑った方が良いかもしれません。

猫ちゃんが24時間食べなかった時は、すぐ病院に連れて行くようにしてください。
キャットフードを食べないだけで、他はいつもと同じで元気そうだと感じても、それとは関係なく病院へ連れて行くようにしましょう。
なぜなら、猫ちゃんは一日半(およそ36時間)以上食べないでいると、脂肪肝になることがとても多いからです。
脂肪肝になってしまうと、猫ちゃんはどんどん弱って行きます。
こうなる前に、病院で何らかの対応が必要なのです。

いつからキャットフードを食べていないのか、どのような状態(だるそうな雰囲気など)なのか、嘔吐や下痢などが見られるかなど病院で聞かれます。
咳や鼻水、くしゃみなどの有無も聞かれるでしょう。
その際、こちらも医師に質問したいことがあるならまとめておくようにしましょう。

また、猫ちゃんは体調が悪くなくても目の前に出されたキャットフードを食べないことがあります。
よく聞かれるのが、キャットフードを新しく変えた時です。
猫ちゃんの特徴として、知らないもの(新しいもの)は口にしないといったことがあります。
また、大きな理由が無くても何となく食べないといった場合もあります。

いずれにしても、キャットフードを食べなくなった場合、ポイントはそれから「24時間」です。
24時間食べない時は、迷わずに猫ちゃんを病院に連れて行ってあげてください。

ページのトップへ戻る