手作りキャットフードでイカはNG

前へ
次へ

少し前までは、猫ちゃんを飼っているお宅では、工夫しながら猫ちゃんのご飯づくりをしていることが少なくありませんでした。
また自宅で、自分で作って与えている方の姿もよく見られていました。
中には、人間と同じようなものを食べている猫ちゃんもいたでしょう。

今でも、ペットのご飯は手作りしたいと考えている方が少なくありません。
自分達が食べている食事をちょっと工夫して、猫ちゃんに与えている方もいると思います。
また、材料を選んで健康を考えた食事を作っている方も少なくないかと思います。
手作りのキャットフードの良いところは、保存料などの添加物を使わなくても良いので安心であることがあげられます。
そして、自分で材料を選べますので、それもまた安全なところだと言えるでしょう。
きっと、猫ちゃんにも飼い主さんの優しさが伝わるはずです。

しかしながらキャットフードを手作りする時は、気を付けなければならないこともあります。
猫ちゃんに与えてはいけない材料もあるからです。
中でも特に気を付ける必要がある食材がイカです。
猫ちゃんが生のイカを食べると、ビタミンB1欠乏症を引き起こす危険があります。
歩くことができなくなる危険があるのです。
また生のものでなくても、食べたときに吐いてしまう、または消化不良を起こすこともありますので与えない方が安心です。

このように、人間には美味しいものであっても、猫ちゃんには与えてはいけないものが色々あります。
生の豚肉やチーズ、ネギ類、玉葱もNG。
冷たい物や塩分の強い物も猫ちゃんには不向きです。
また、スパイス類もNGですので、こういったものは避けてキャットフードを作るようにしましょう。
味付けは控えめにし、味よりも香りを良くすると、猫ちゃんがたくさん食べてくれるようになります。

人間であれば、多少なら塩分を多く摂っても汗や尿などでそれを排出することができるでしょう。
しかし猫ちゃんの場合、汗をあまりかきません。
それは人間のおよそ3分の1程度とも言われています。
ですから、味付けは抑えて作るようにしましょう。
また、どうしても猫でも好き嫌いは出てきてしまうものです。
悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
こちらキャットフード好き嫌いの対処法http://techshoprdu.com/coping-method.htmlも参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る