市販キャットフードを買うときはマグネシウム量を見よう

前へ
次へ

猫を飼っている方は、猫に与えてはいけないものを把握しておくことも必要です。
そして、キャットフードを選ぶ際に必ずチェックしなければならないことについても、把握しておく必要があります。
また、価格についてだけでなく、他にも色々なチェックすべき点があります。

猫ちゃんにとってマグネシウムは、注意しなければならない成分です。
なぜなら、あまりたくさんのマグネシウムを摂ってしまうと、健康を害してしまう危険があるからです。

猫ちゃんがかかりやすい病気の中に、「猫泌尿器症候群」と呼ばれるものがあります。
この病気は、他に「FUS」と呼ばれることもあります。
具体的に説明すると、この病気は膀胱や尿道部分に尿結石ができてしまうもので、正しい対応をしなければ、更に悪化。
腎臓を悪くさせてしまうなど病が進むと、最後には命に係わることになる場合もあります。
ですから、体調に異変が見られたらすぐに病院に連れて行くなどして対応する必要があります。
正しいケアができれば、それほど怖い病気ではありません。

尿石の原因になる多くが、リン酸アンモマグネシウムです。
つまり、この成分であるマグネシウムの摂取量を注意することが必要になるのです。
ここで気を付けたいのは、マグネシウムを完全にシャットアウトすることはないということ。
猫ちゃんにとって、必要な成分でもあるからです。
摂取量に注意すれば良いのです。

キャットフードを選ぶ時は、こういったことに配慮して作られているものを選んであげるのも良いでしょう。
「FUS対応フード」と謳っているキャットフードであれば、過度にマグネシウムを摂る心配もありません。
また、尿濃度が高くなると尿結石ができやすいとも言われています。
ですから、水分をたくさん摂るように工夫するのも良いことです。

特に寒い季節は水分摂取量も少なくなりがちですから、気を付けてあげてください。
また、尿が酸性に傾くと結石ができやすくなるのですが、それはお腹の中に食べた物がある時であると言われています。
ですから、空腹時を作るなどの気配りも飼い主さんには必要です。

ページのトップへ戻る